EVENT

高松商工会議所工芸部会主管 全部会合同講演会

2021年11月1日(月)
14:00~15:45

中川政七氏講演会 企業が100年続くコト

「日本のモノづくりを、中川政七商店の今と未来から紐解く」


モノづくり大国・日本。我が国には、世界に冠たる工芸があります。そのなかで、今、日本の工芸界をリードする中川政七商店。同社の成功のカギを握る人物、代表取締役会長 十三代 中川政七氏。16年間で売上を13倍にまで成長させた手腕から100年後を見据えたモノづくりと経営の在り方を探ります。同氏の講話のほか、工芸部会部会長 (株)桜製作所 代表取締役社長 永見宏介氏との対談も行います。

場所
高松商工会議所会館 2階 大ホール
※オンライン併用( リアルタイム配信)
申込方法
下記申込フォームよりお願いします。
>お申込みはこちら(9/10〜)
https://forms.gle/9Wfmo5boeiBdCZTk6
>詳細はこちら(9/10〜)
http://www.takacci.or.jp/event/kougei-nakagawa-11-1.html

内容
1.中川政七会長の講話 
2.講話内容を受けて
中川政七会長と永見社長の対談

テーマ
1.中川政七商店のあゆみ
2.なぜ中川政七商店が成長したのか?
 -経営とブランディング-
3.工芸が未来に生き残るには

プロフィール
株式会社 中川政七商店
代表取締役会長 中川 政七  Masashichi Nakagawa

1974年生まれ。京都大学法学部卒業後、2000年富士通株式会社入社。
2002年に株式会社中川政七商店に入社し、2008年に十三代社長に就任、2018年より会長を務める。
業界初の工芸をベースにしたSPA業態を確立し、「日本の工芸を元気にする!」というビジョンのもと、業界特化型の経営コンサルティング事業を開始。初クライアントである長崎県波佐見焼の陶磁器メーカー、有限会社マルヒロでは新ブランド「HASAMI」を立ち上げ空前の大ヒットとなる。現在は奈良の地に数多くのスモールビジネスを生み出し、街を元気にするプロジェクト「N.PARK PROJECT」を提唱。産業観光によりビジョンの実現を目指している。

ここに地図が表示されます

SHARE